1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. 施設引き継ぎ資料

施設引き継ぎ資料

更新日:2018.07.07 作成日:2008.10.12

iMacrosのインストール

マクロの記録

施設引き継ぎ資料 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/meganii/20081011/20081011193214.jpg

まず、 ネットあいち施設予約システム へ行き、recordをクリックして、マクロの記録を始める。抽選したいところの時間帯をクリックしていき、抽選を完了させる。

マクロの保存

抽選を完了したら、iMacrosにあるSaveのボタンを押して、マクロを保存する。このとき、日本語の名前は付けない方がいい。

マクロの編集

マクロが保存できたなら、次は編集をする。iMacrosのEditのボタンを押し、メモ帳を起動させる。先に編集後の完成版を載せておく。

VERSION BUILD=6200707     
TAB T=1     
TAB CLOSEALLOTHERS
SET !DATASOURCE input.csv     
SET !DATASOURCE_COLUMNS 2
SET !DATASOURCE_LINE {{!LOOP}}
URL GOTO=https://www4.pref.aichi.jp/yoyaku/index.jsp     
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=NAME:enter   
'New page loaded      
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:form1 ATTR=NAME:userId CONTENT={{!COL1}} 
TAG POS=1 TYPE=INPUT:PASSWORD FORM=NAME:form1 ATTR=NAME:password CONTENT={{!COL2}}
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:ログイン   
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:抽選の申込み   
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:場所から   
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:大高緑地   
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:硬式テニス   
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:申込み   
TAG POS=17 TYPE=A ATTR=TXT:14<SP>   
TAG POS=22 TYPE=A ATTR=TXT:14<SP>   
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:formplwba3000 ATTR=NAME:selectFieldCnt CONTENT=8  
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:内容確認へ   
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:formplwca1000 ATTR=NAME:applyPepopleNum CONTENT=7 
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:申込み   
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:送信しない   
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:利用日から  

最初の記録しただけのマクロでは、

SET !DATASOURCE input.csv     
SET !DATASOURCE_COLUMNS 2
SET !DATASOURCE_LINE {{!LOOP}}</pre><pre class="code" data-lang="" data-unlink>TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:form1 ATTR=NAME:userId CONTENT={{!COL1}} 
TAG POS=1 TYPE=INPUT:PASSWORD FORM=NAME:form1 ATTR=NAME:password CONTENT={{!COL2}}

上記の部分がないため、追加する。この部分は、DATASOUSRCEというフォルダからinput.csvを読み込み、それを変数!{COL1},{!COL2}を用いて、繰り返し処理を行っている。この場合、{!COL1}に利用者番号、{!COL2}に暗証番号が入るようになる。

追加すること

  • 「利用日から」をクリックしてどのタイミングで「次の週へ」のボタンをクリックするか
  • 利用面数と、利用者数をクリックして記録すると途中で進まなくなるため、キーボードから打ち込んで、記録する。

この部分。

TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:formplwba3000 ATTR=NAME:selectFieldCnt CONTENT=8  
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:内容確認へ   
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:formplwca1000 ATTR=NAME:applyPepopleNum CONTENT=7

この場合、8面予約して、利用者数は、7人で記録している。

マクロの再生

最後にこのマクロを再生するのだが、iMacrosのPlayというタグからRepeat Macro Maxのところに、登録してある人数分の数を打ち込み、Play(Loop)を選び、再生させる。
これが上手くいけば、DATASOURCEというフォルダに入っているinput.csvから利用者番号と暗証番号を読み取り、抽選が完了する。

注意点

iMacrosを使うと確かに、便利だけどもし間違えて入力してると数100枚全部に適用されてしまうから、最初のtestでしっかり確認する。

参考

B! Pocket
スポンサーリンク

Related contents

TECH

2008.11.28

processingによる可視化

TECH

2008.08.30

文系的IT業と理系的IT業

TECH

2008.06.30

プログラム

TECH

2008.06.06

数理情報学4 pivot 枢軸選択つきガウスの消去法

TECH

2008.06.03

シュレディンガーの猫

TECH

2008.05.31

Java 今の時間を表示させる

TECH

2010.01.22

Scalaスケーラブルプログラミング

TECH

2010.01.20

Flexでウェブアルバムが作りたい!!(5)