1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. 施設引き継ぎ資料

施設引き継ぎ資料

更新日:2018.07.07 作成日:2008.10.12

iMacrosのインストール

マクロの記録

施設引き継ぎ資料 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/meganii/20081011/20081011193214.jpg

まず、ネットあいち施設予約システムへ行き、recordをクリックして、マクロの記録を始める。抽選したいところの時間帯をクリックしていき、抽選を完了させる。

マクロの保存

抽選を完了したら、iMacrosにあるSaveのボタンを押して、マクロを保存する。このとき、日本語の名前は付けない方がいい。

マクロの編集

マクロが保存できたなら、次は編集をする。iMacrosのEditのボタンを押し、メモ帳を起動させる。先に編集後の完成版を載せておく。

VERSION BUILD=6200707     
TAB T=1     
TAB CLOSEALLOTHERS
SET !DATASOURCE input.csv     
SET !DATASOURCE_COLUMNS 2
SET !DATASOURCE_LINE {{!LOOP}}
URL GOTO=https://www4.pref.aichi.jp/yoyaku/index.jsp     
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=NAME:enter   
'New page loaded      
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:form1 ATTR=NAME:userId CONTENT={{!COL1}} 
TAG POS=1 TYPE=INPUT:PASSWORD FORM=NAME:form1 ATTR=NAME:password CONTENT={{!COL2}}
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:ログイン   
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:抽選の申込み   
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:場所から   
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:大高緑地   
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:硬式テニス   
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:申込み   
TAG POS=17 TYPE=A ATTR=TXT:14<SP>   
TAG POS=22 TYPE=A ATTR=TXT:14<SP>   
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:formplwba3000 ATTR=NAME:selectFieldCnt CONTENT=8  
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:内容確認へ   
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:formplwca1000 ATTR=NAME:applyPepopleNum CONTENT=7 
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:申込み   
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:送信しない   
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:利用日から  

最初の記録しただけのマクロでは、

SET !DATASOURCE input.csv     
SET !DATASOURCE_COLUMNS 2
SET !DATASOURCE_LINE {{!LOOP}}</pre><pre class="code" data-lang="" data-unlink>TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:form1 ATTR=NAME:userId CONTENT={{!COL1}} 
TAG POS=1 TYPE=INPUT:PASSWORD FORM=NAME:form1 ATTR=NAME:password CONTENT={{!COL2}}

上記の部分がないため、追加する。この部分は、DATASOUSRCEというフォルダからinput.csvを読み込み、それを変数!{COL1},{!COL2}を用いて、繰り返し処理を行っている。この場合、{!COL1}に利用者番号、{!COL2}に暗証番号が入るようになる。

追加すること

  • 「利用日から」をクリックしてどのタイミングで「次の週へ」のボタンをクリックするか
  • 利用面数と、利用者数をクリックして記録すると途中で進まなくなるため、キーボードから打ち込んで、記録する。

この部分。

TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:formplwba3000 ATTR=NAME:selectFieldCnt CONTENT=8  
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:内容確認へ   
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:formplwca1000 ATTR=NAME:applyPepopleNum CONTENT=7

この場合、8面予約して、利用者数は、7人で記録している。

マクロの再生

最後にこのマクロを再生するのだが、iMacrosのPlayというタグからRepeat Macro Maxのところに、登録してある人数分の数を打ち込み、Play(Loop)を選び、再生させる。
これが上手くいけば、DATASOURCEというフォルダに入っているinput.csvから利用者番号と暗証番号を読み取り、抽選が完了する。

注意点

iMacrosを使うと確かに、便利だけどもし間違えて入力してると数100枚全部に適用されてしまうから、最初のtestでしっかり確認する。

参考

スポンサーリンク

Related contents

TECH

2008.11.28

processingによる可視化

TECH

2008.08.30

文系的IT業と理系的IT業

TECH

2008.06.30

プログラム

TECH

2008.06.06

数理情報学4 pivot 枢軸選択つきガウスの消去法

TECH

2008.06.03

シュレディンガーの猫

TECH

2008.05.31

Java 今の時間を表示させる

TECH

2010.01.22

Scalaスケーラブルプログラミング

TECH

2010.01.20

Flexでウェブアルバムが作りたい!!(5)