1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. 遺伝的アルゴリズム

遺伝的アルゴリズム

更新日:2020.11.03 作成日:2009.05.25

GAを最適化問題に適用する場合、次の点についてまず考える必要がある。

  • 個体の表現方法 どのように解を個体として表現するか
    • 遺伝子の配列を遺伝子型(genotype)
    • 遺伝子型に基づいて発現した個体を表現型(phenotype)
  • 個体の評価方法 どのように個体を評価するか
  • 解探索のための操作の設計 どのように個体を進化させるか

適応度

ナップサック問題の例では、ナップサックに入れた荷物の価値の総和、つまり目的関数値そのものを「適応度」とできる。 しかし、TSPの場合には、より短い順回路を求める必要があるため、目的関数値である巡回路長そのものを「適応度」とできない。 そのため、巡回路長の逆数を「適応度」とするなどの変換が必要になってくる。

適応度の変換、スケーリング

スケーリング(scaling)とは

良好に探索が進むように選択圧を調節すること。ここでの選択圧とは、選択の強さを表す指標で、選択圧が高いと劣った解はすぐに淘汰され死滅する。

スポンサーリンク

Related contents

TECH

2009.12.09

あるB4のボロボロな発表を見て一言

TECH

2009.08.02

Stochastic universal sampling

TECH

2009.07.08

gnuplotをループさせる

TECH

2009.06.02

研究室ミーティング090602

TECH

2009.05.29

ミーティング090528

TECH

2009.05.26

ミーティング090526

TECH

2009.05.21

研究室ミーティング090521

TECH

2009.05.17

人工生命#1