1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. 情報処理学会創立50周年記念全国大会へ行ってきたよ

情報処理学会創立50周年記念全国大会へ行ってきたよ

更新日:2018.07.27 作成日:2010.03.11
情報処理学会創立50周年記念全国大会へ行ってきたよ https://farm5.static.flickr.com/4025/4424889120_98f3b8e673.jpg

無事情報処理学会の発表が終わり、ほっとしています。

情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会

プレゼンってなかなか上手くならないです。ってきっと練習不足なんでしょうけど・・・

今回の学生セッション(14:30〜17:00)では、「遺伝的アルゴリズム」という自分と同じ研究テーマのセッションが8つあり、さまざまな発表を聴くことが出来ました。自分と同じ「遺伝的アルゴリズム」といっても、全然違うことをやっている人がいて、あぁ、そんな手法もあるんだという感じでおもしろかったです。アントコロニー最適化や、対話型進化計算あたりの話には、知識もあったのでついていけたのですが、その他の手法に関しては・・・

ほとんど、工学寄りの話が多かったような気がします。

プレゼンって

なんで緊張するんでしょうね?練習しておいたものを、そのまま話すだけなのに。と思ってたら、はてぶにどんぴしゃの記事がありました。アガり症のプレゼンターさん必読、「聴衆はアナタ自身を注目しているわけではない」

アガり症のプレゼンターさん必読、「聴衆はアナタ自身を注目しているわけではない」 | ライフハッカー[日本版]

プレゼンテーションは自分のためではなく、聴衆のためのものだということを、自分に言い聞かせること。極端に言えば、聴衆はプレゼンターが話す内容に興味を持っているのであって、プレゼンターそのものに注目しているわけではないのです。

間違いないですね。プレゼンテーションは、聴衆のためのもの。耳が痛いです。ただ単に、文章を読むだけならば、論文を読んでもらえばいい話。

つい「カッコよく」とか「スマートに」と、カタチばかりにこだわりがちになりますが、プレゼンテーションは聴衆の方々との情報共有のひとつの手段。そしてその情報共有には、さらに何らかの目的があるはずです。本来の目的からブレイクダウンし、その一手段としてプレゼンテーションがある、と捉えると、いい具合にリラックスしてプレゼンテーションに臨めるかも。

完璧にならないといけない。いい間違えてはいけない。時間をきっちり守らないといけない。完璧にやるのも確かに必要ですが、要は相手に伝わるかどうかが大事になってきますよね。

「人の振りみて、我が振り直せ」

プレゼンでもあてはまりますね。

  • 言っている内容そのままのスライド
  • どこが重要なのかわからない、箇条書きだらけの見づらいスライド
  • 発表者が手元だけをみて、ひたすら原稿だけを読むスタイル

一度読みたくないと思われたら、その注意を引きつけれるのは簡単ではありませんよね。

自分でも、あー、きっとやってるだろうなぁ・・・「もう少し工夫すれば、きっと見やすくなるのに・・・」と、間違いなく自分の発表で言われてそうです。

「人のプレゼン、自分の鏡」良いところも、悪いところも映し出して、そこから学びたいですね。

B! Pocket
スポンサーリンク

Related contents

TECH

2009.12.09

あるB4のボロボロな発表を見て一言

TECH

2009.08.02

Stochastic universal sampling

TECH

2009.07.08

gnuplotをループさせる

TECH

2009.06.02

研究室ミーティング090602

TECH

2009.05.29

ミーティング090528

TECH

2009.05.26

ミーティング090526

TECH

2009.05.25

遺伝的アルゴリズム

TECH

2009.05.21

研究室ミーティング090521