晴れの屋久島。雨の屋久島。屋久島旅行記

R0023516

2013/04/30〜05/03の3泊4日で屋久島行ってきました!!

旅行は3度楽しい。1度目は、プラン。2度目は当日。3度目は振り返り。 写真で振り返りながら、思い出に浸ります。

スポンサーリンク

1日目 島一周

初めてのLCC Peachで鹿児島へ。やっぱり狭かったけど、鹿児島までの時間だったら我慢できる。

鹿児島から屋久島へは、高速船を使って移動。 鹿児島空港から鹿児島港まで結構時間かかるので注意。

トッピー 海の上を飛んで走るってだけあって、全然揺れなくて快適だった。

R0023128

トッピーに乗ること2時間ぐらい。いよいよ屋久島上陸。レンタカーのお兄さんにレンタカーを借りて、島一周の旅へ。

まずは、猿川ガジュマル園。 雨の中のガジュマル園は、なかなかよかった。幾重にも重なりあった枝が根っこになって、幹になってるみたいに見えた。トトロでも出てきそうだった。

R0023150

おおこの滝。 滝の前に並んだオレンジ傘が綺麗でした。

20130430215050

海中温泉に行ってみたり。 ほんとに、海のすぐ横に温泉があってビックリ!!地元の人って入ってるのかな?

20130501164419

なんだかんだ1日回って、時間足りなかったですね。

いつも旅行は、言った先でiPhone片手に頑張って行き先を決めるんですが、電波のなかなかない屋久島では、そのやり方は困難でした。 なんだんだ、紙の媒体が必要ですよね。あと、行き先を決めておくこと。反省反省。

2日目 縄文杉に会いに行く

4時ぐらいに起床。5時に登山バス近くの駐車場に着いたのですが、ほぼ満車でしたね。。はやめはやめの行動大事。

バスに揺られて、登山口に到着。 ひたすらこのトロッコ道を歩いていきます。

R0023210

まだまだ歩きます。この横並びの木が曲者で、歩幅を一定に歩けない!!下を気にして歩かないと行けないので、なかなか思うようにペースを掴めなかった。数時間歩くと、木の板に変わるので一気にペースアップ!!

R0023226

途中、水の滴るコケとかが綺麗でした。

R0023217 がしかし、同じような風景が続くので、結構飽きますね。

ウィルソン株

やっとたどり着きました。そう、ウィルソン株。 こんな感じの切り株でした。

R0023358

必死で、ハートに見えるポイントを見つけてパシャリ。なかなかキツい体勢にならないと撮れません。

R0023354

縄文杉

更に歩くこと歩くこと、ようやく出会えました縄文杉!!! でかい!!が、写真では伝わらない(;´Д`)

幹も大きいんですが、高さも高いんですが、写真では写せず・・・ 今では、直接近くまで行くことはできないんですね、残念。幹を触ってみたかったですが、しっかり目に焼き付けてきました。

20130502151754

あのでっかいでっかい縄文杉も、こんな小さい芽の時期があったなんて信じられないですよね。

20130501220658

帰りは、混雑してたポイントで写真撮影を繰り返しながら下山。 9時間弱ぐらいかかりました。

3日目 白谷雲水峡

もののけの世界と言われる白谷雲水峡。 雨がぱらついてたこともあり、うっすらと霧がかかった森の中は幻想的でした。

雨の音、水の流れる音、鳥の鳴き声に癒されながら、どんどん変わっていく世界を歩くのは面白かった。

R0023516

R0023681

このときの屋久島の天気は晴れ。太鼓岩までには、晴れ間が見れることを期待して歩いていたが、どんどん強くなる雨。太鼓岩に着いたときには、雲、霧、雨でなんにも見えませんでした・・・

でも、でも、太鼓岩からの風景を見れずには帰れない!!ってことで、急遽、最終日も太鼓岩リベンジすることに。

4日目 太鼓岩リベンジ

10時45分のフェリーに乗るために、3時台に起床。空は晴れ。期待出来る。昨日見た美しい風景には目も触れず、一心不乱に太鼓岩を目指しました笑。

夜が開ける前は、慎重に慎重に、夜が開け始めると、ただひたすらにノンストップで登り続けました。

そのかいあってか、空からは日の光が!!

岩を登り切った瞬間に広がる風景には、心踊りました。太鼓岩リベンジ成功。

taikoiwa

R0023616 1時間近く頂上で、グダグダしてられたのも早起きのおかげ。

雨の屋久島一周、晴れの縄文杉、雨の白谷雲水峡、晴れの太鼓岩。 いろんな屋久島の顔を楽しめた屋久島旅行でした。

次来るときには、モッチョム岳と宮之浦岳に登りたい!!!!

スポンサーリンク