勉強用に、簡単に作っては壊せる仮想環境をVagrantで構築する

簡単に作っては壊せる環境があれば、勉強にはいいのかなと思い、まずは、簡単に仮想環境を作る環境を探しました。すると、Vagrantというツールがあることが分かりましたので、インストールして、環境構築を行なってみました。

Vagrantとは

Vagrant は、Ruby で組まれたスクリプトで、仮想マシン上の開発環境の構築・配布の自動化を支援するためのツール。仮想マシン環境(VirtualBox) と構成管理ツール(Chef, Puppet)を利用することで実現している。これを使えば、コマンド一つで、開発に必要な環境を用意できるようになる。 Vagrant で開発環境構築を自動化しよう - エンジニアきまぐれTips

触りだけでも便利なVagrant - komagata

スポンサーリンク

Vitrualbox ダウンロード

Downloads – Oracle VM VirtualBox

最初は、トップページからダウンロードできる最新版を利用したところ、Vagrant v1.2.2と相性が悪かったみたいで、以下のバージョン(4.2.8)を入れなおした。

http://download.virtualbox.org/virtualbox/4.2.8/VirtualBox-4.2.8-83876-OSX.dmg

Vagrant

VagrantのDownloadsから v1.2.2をダウンロード。

環境を追加する

vagrant box add centos6.4 http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-x86_64-v20130427.box
Downloading or copying the box...
Extracting box...te: 61981/s, Estimated time remaining: 0:00:02)
Successfully added box 'centos6.4' with provider 'virtualbox'!

上記のコマンドで、CentOSのVagrantfilesが作られる。~/.vagrant に box がキャッシュされる その後に、’vagrant up’を実行すれば、環境が作られるはずだったが、ここでエラー。

vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
[default] Importing base box 'centos6.4'...
There was an error while executing `VBoxManage`, a CLI used by Vagrant
for controlling VirtualBox. The command and stderr is shown below.

Command: ["import", "/Users/meganii/.vagrant.d/boxes/centos6.4/virtualbox/box.ovf"]

Stderr: 0%...10%...20%...30%...40%...50%...60%...70%...80%...90%...100%
Interpreting /Users/meganii/.vagrant.d/boxes/centos6.4/virtualbox/box.ovf...
OK.
0%...
Progress object failure: NS_ERROR_CALL_FAILED

どうやら、Virtual Boxのバージョンと、Vagrantのバージョンに相性があるみたい。 windows7 - Windows 7でVagantを使う時はVirtual Boxのバージョンに注意 - Qiita [キータ]

VirtualBoxのバージョンを4.2.8したところ以下のように正しく動作した。

vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
[default] Importing base box 'centos6.4'...
[default] Matching MAC address for NAT networking...
[default] Setting the name of the VM...
[default] Clearing any previously set forwarded ports...
[default] Creating shared folders metadata...
[default] Clearing any previously set network interfaces...
[default] Preparing network interfaces based on configuration...
[default] Forwarding ports...
[default] -- 22 => 2222 (adapter 1)
[default] Booting VM...
[default] Waiting for VM to boot. This can take a few minutes.
[default] VM booted and ready for use!
[default] Configuring and enabling network interfaces...
[default] Mounting shared folders...
[default] -- /vagrant

以下のコマンドで、作成した仮想環境にSSH接続できる。root パスワードは “vagrant”みたい。

vagrant ssh
cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.4 (Final)

簡単にCentOSの環境が作られました!!

参考

chef-soloっていうサーバー構築自動化ツールもあるみたいです。

CentOSのバージョンを確認する方法

‘cat /etc/redhat-releas’

スポンサーリンク