結婚式余興ムービー、あなたは何で作る?Keynote, iMovie, Motion5, FinalCutProを結婚式余興のムービー作成に使ってみて

友人の結婚式余興や、プロフィールムービー作成を頼まれた際、Keynote, iMovie, Motion5, FinalCutPro(試用版)を使ってみて、なんとなくそれぞれの感覚をつかめたのでまとめておきます。

スポンサーリンク

Keynote

Keynoteといえば、プレゼンをするときに使うのでは?と思われるかもしれませんが、写真(静止画)のスライドショーを作る用途においては、結構重宝します。発表スライドを作る要領で、写真を貼っていったり、アニメーションの機能を利用したりして写真を動かす事ができるからです。

写真(静止画)メインで作るプロフィールムービーなんかは、Keynoteでも十分作成することができます。

iMovie

Macで動画編集と言えば、iMovieでしょう。動画編集ソフトだけあって、まずはざっくり作りたい場合にも、まずは、こちらで作成するのが、手軽、簡単です。

ただし、ちょっとでも凝ったことをしたいと思った場合、とたんにハマるケースが多いです。例えば、任意の場所に文字を入れるなどは簡単に出来そうだが、iMovieの機能では実現できません。

Motion5

iMovieだけではちょっと物足りないって人向けには、Motion5はオススメです。もちろん、任意の場所にコメントを付けることができます。

ただし、Motion5だけでムービーを完成させるのではなく、ベースはiMovieを利用し、力を入れたい部分だけMotion5を使うのがよいかと思う。なぜならば、Motion5では自由度が高すぎて、全体の流れを作るのには適してない。(もちろん、スキルがあれば出来ると思うが、趣味のレベルだとなかなか厳しい)

また、Motion5ではカメラの要素があるため、3Dの表現が可能です。

FinalCutPro

さすが値段が張るだけあって、なんでも出来る感が凄いです。その反面、どこを触ったらやりたいことが実現出来るのかがちょっとわかりにくい感じでした。

でも、iMovieの上位版という感じで、iMovieで出来ないことはすべてカバーしてくれました。体験版があるので、ちょっと使ってみたいなという人は、まずは体験版を利用してみるのがいいです。

ちょいちょいイケてるサンプルが内蔵されているので、それを使えばプロっぽい演出も可能になりそう。

まとめ

予算に余裕があってしょうがないって人は、初めからFinalCutProを買ってください。間違いないです。そうでない人は、iMovieでしょう。iMovieだと、他の人とおんなじようなムービーしかできないから嫌だ!って人は、Motion5をオススメします。

参考図書

スポンサーリンク