2014/08/03 友人の結婚式余興に、ドミノ倒しでお祝いの気持ちを伝えました!! 今回も大変でした。

ドミノ倒しなんてやったことがなく、手探りで進めたけど、最終的には結婚する二人へのお祝いの気持ちはもちろんのこと、自分たちもなんだかんだ楽しみながら作成することができた。

所要時間は、16時間の二日がかり。最終的には14人で作りました!

自分たちが作ったものを、会場の人に見てもらえる、反応してもらえるのってやっぱり嬉しい。 いい経験になりました。ありがとう。

ドミノを使って、余興を考えている人にとってちょっとでも参考になればと思い残しておきます。

作業内容

  • 基本設計 どんなドミノを作るか
  • ドミノ個数見積もり だいたいどのぐらいのドミノが必要か
  • 会場を押さえる
  • ギミック作成
  • ドミノを「日本ドミノ協会」から借りる
  • ドミノ並べ
  • ドミノ倒し 映像を撮る
  • 編集・アテレコ
  • DVD作成

基本設計 どんなドミノを作るか

この動画を参考にさせてもらいました。

こんな感じで、全体図を描いてみました。

ドミノ個数見積もり

どのぐらいのドミノが必要なのか。この計算が難しかったです。

まず、日本ドミノ協会でドミノを借りることが決まっていたので、そこで借りることができる色と、作りたいものをイメージして、レンタルするドミノの個数を見積もっていきました。

ドミノの個数は、はじめ見当がつかなかった。見当がつかないなりにどうしたかというと、実際にある程度並べてみて、どのぐらいの個数がいるか推測したり、Blenderというソフトを用いて、何個使えば形を表現できるか計算していきました。

Blenderによるシミュレーション

ドミノ発注

作りたいものをイメージして、ドミノの個数を見積もった後は、ドミノを発注しました。

ドミノの貸出を行なっているところは、「日本ドミノ協会」が有名どころだったため、この日本ドミノ協会にメールで依頼しました。

1個1円、2,000個単位で貸してもらえます。

日本ドミノ協会

ドミノ牌の貸し出しにつきまして

ドミノ作成

よかったこと

  • Blenderでシミュレーション図を作ることでイメージが掴めた
  • 本番時はまず一回外周を作ってみて、判断する時間を入れた

困った点・問題点

  • 文字の部分はだいたいでなんとかなるかな?と思っていたが、ちゃんと設計しないといけなかった
  • 最後の最後まで個数の計算ができなかった。

次回やりたいこと

  • Blenderでのシミュレーションをもうちょっとちゃんとしたい

今回、たまにテレビで見るドミノ倒し企画がいかに大変かを身を持って体感することができました。

余興をする度に、何かしらできることが増える気がします笑。

ドミノを試してみるのなら

感覚を掴むためにも、まずはどんなもんかを実際に試してみるのが1番でした。自分たちは、Amazonでドミノ倒しキットを買って試しました。