マーケティング22の法則を図解してみた

22の法則もあって、読んでても繋がりが頭にはいってこなかったので、1枚の図にまとめた。

マーケティング22の法則

「マーケティングとは、商品をめぐる戦いではなく、知覚をめぐる戦いである」。知覚の法則、心の法則

The Law of Perception

マーケティング22の法則の核になっているのは、

  • 1.知覚の法則
  • 3.心の法則

であると感じたため、左下を中心として描いた。

この知覚と心の法則は、本書で語られている「マーケティングとは、商品をめぐる戦いではなく、知覚をめぐる戦いである」の言葉に集約される。

マーケティングとは、良い商品を売るのがよいのではなく、いかに相手の知覚・心に入り込むかが大事だということ。ここでいう知覚とは、どういったものか?

スポンサーリンク

知覚とは

マーケティング担当者は、事実を把握することに没頭しているが、マーケティングの世界には、「客観的な現実、事実、ベストな商品」は存在しない。 あるのは、顧客や、見込み客の心にある知覚だけである。知覚こそ、マーケティングの世界における現実である。

知覚とは、自分たちのモノの見方、思い込み、価値観、メンタル・モデル、バイアス、色眼鏡、・・・などだと捉えた。人は、現実をありのままに捉えることはできなくて、どうしてもこれらの知覚を通じてしか、世界を捉えることが出来ない。

いくら、周りがこの商品がよいと薦めたとしても、買う人の頭の中の世界では違う商品が占めているとしたら、その商品しかきっと見えない。それぞれの頭の世界が、それぞれの人にとっては絶対的な判断基準である。

よって、マーケティングとは、これらの知覚にどのような影響をあたえるか、どのように作用するのか、どのように操作するかに尽きる。

どのように作用するか、どう影響するか、どのように操作するのかを法則としてまとめたのが後の20法則だと受け取った。

どうやって顧客の心に入り込むか?

マーケティング

知覚に作用するのが、大事だとわかったことで、どのように顧客の心に入り込むかという観点で、以下を分類した。

  • 1.一番手の法則
  • 2.カテゴリーの法則
  • 16.一撃の法則
  • 5.集中の法則
  • 13.犠牲の法則

マーケティングアンチパターン

次に、マーケティングのアンチパターンとして以下を分類した。企業がやってしまいがちなアンチパターンとして語られている。

  • 12.製品ライン拡張の法則
  • 13.独占の法則

時間経過と共に

マーケティング 2

時間経過という観点で分類した。 カテゴリはどんどん細かくなっていき、それら1つのカテゴリの中は、二極化が進んでいくというもの。でも、最終的には、予測不能なので、上手くトレンドを読むしかないとのこと。

  • 8.二極分化の法則
  • 10.分割の法則
  • 22.遠近関係の法則
  • 21.成長促進の法則
  • 17.予測不能の法則

分析・対応方法

マーケティング3

では、今自分の場所はどこなのか?どこへ向かえばよいのか?どう対応すればいいか?という「分析・対応方法」という観点で以下のとおり分類した。

  • 7.梯子(はしご)の法則
  • 9.対立の法則
  • 14.属性の法則
  • 15.正直の法則
  • 18.成功の法則
  • 19.失敗の法則

スポンサーリンク