1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. JekyllからHugoへの移行ポイント

JekyllからHugoへの移行ポイント

更新日:2022.07.02 作成日:2015.08.30

Hugoが爆速であること、HugoがGolangで作られていて読みながら勉強したいという理由で、JekyllからHugoに移行した。

基本的には、_postディレクトリにあるものを、Hugoでいうcontent/postディレクトリに配置すればよい。テーマを指定せずに、Hugoとしても何も出力されないのでそこは注意すること。

JekyllからHugoへ移行する際にハマった点を残しておく。

日付フォーマットの変更

2015-08-30-post.markdown

---
title: "タイトル"
date: "2015-08-29T17:13:12+09:00"
---

jekyllだと、2015-08-30 10:30で認識していたが、Hugoで読み取る日付フォーマットは、以下の通り。

  • 2006-01-02T15:04:05Z07:00
  • 2006-01-02T15:04:05
  • Mon, 02 Jan 2006 15:04:05 -0700
  • Mon, 02 Jan 2006 15:04:05 MST
  • 02 Jan 06 15:04 -0700
  • 02 Jan 06 15:04 MST
  • Mon Jan _2 15:04:05 2006
  • Mon Jan _2 15:04:05 MST 2006
  • Mon Jan 02 15:04:05 -0700 2006
  • 2006-01-02 15:04:05Z07:00
  • 02 Jan 06 15:04 MST
  • 2006-01-02
  • 02 Jan 2006
  • 2006-01-02 15:04:05 -07:00
  • 2006-01-02 15:04:05 -0700

hugo newで作成されるのは、おそらく2006-01-02T15:04:05Z07:00の形式(実際には2015-08-29T17:13:12+09:00のようになる)のため、この形式に変換する必要がある。

別に、作成したときの秒まで管理する必要はなく、年月日だけでよいのであれば、2006-01-02とかでよいだろう。

ワンライナーで、変更する。

find . -type f | xargs gsed -i -e 's/date: \([0-9]\{4\}-[0-9]\{2\}-[0-9]\{2\}\) \([0-9]\{2\}:[0-9]\{2\}\).*$/date: \1T\2:00+09:00/g'

不要frontmatterの削除

layout:を削除する。

find . -type f | xargs gsed -i -e 's/layout:.*$//g'

日付をparseしている箇所

github.com/spf13/cast/caste.go

// StringToDate casts an empty interface to a time.Time.
func StringToDate(s string) (time.Time, error) {
	return parseDateWith(s, []string{
		time.RFC3339,
		"2006-01-02T15:04:05", // iso8601 without timezone
		time.RFC1123Z,
		time.RFC1123,
		time.RFC822Z,
		time.RFC822,
		time.ANSIC,
		time.UnixDate,
		time.RubyDate,
		"2006-01-02 15:04:05Z07:00",
		"02 Jan 06 15:04 MST",
		"2006-01-02",
		"02 Jan 2006",
		"2006-01-02 15:04:05 -07:00",
		"2006-01-02 15:04:05 -0700",
	})
}

func parseDateWith(s string, dates []string) (d time.Time, e error) {
	for _, dateType := range dates {
		if d, e = time.Parse(dateType, s); e == nil {
      fmt.Println(dateType)
			return
		}
	}
	return d, fmt.Errorf("Unable to parse date: %s", s)
}

time - The Go Programming Language

URLを決める

Jekyllのときは、https://www.meganii.com/blog/2015/08/30/title/のようなURL形式だったため、その形式に合わせる。

合わせ方は、config.ymlで定義する。

config.yml

---
baseurl: "https://www.meganii.com"
permalinks:
  post: "/blog/:year/:month/:day/:slug/"
---
permalinks:
  post: "/blog/:year/:month/:day/:slug/"

baseurlからみた、URL形式をpost:で定義する。

:slugは、frontmatterで定義しないと使えないため、以下のように、各記事にslugを埋め込む。

---
title: "マーケティング22の法則を図解してみた"
date: "2015-08-29T17:13:12+09:00"
category: ['Book']
tags: ['book','マーケティング']
slug: marketing-22-raws
---

自分は、 Swiftで初めてのMacOSXアプリケーション-FFViewer- - SIS Lab で作成したソフトを利用して、frontmatterを埋め込んでいった。

ファイル名から判断して、slugを決めるようにした。

テーマRobustを利用する上で直したポイント

Summaryにimgタグも含まれてしまう問題

\<!--more--\>だと、それ以前の文言を全て、Summaryとして扱う。その結果、Summaryに、imgタグが含まれてしまうため、デザインが崩れてしまった。

記事に含まれる<\!--more--\>を全て削除した。

Summaries

includeをshortcodeに変更

google adsenseなどをincludeしていたが、shortcodeに変更する。

layouts
└── shortcodes
    └── googleadsense.html

Shortcodes

ソースコードをインストール

Hugoでは、git, Mercurialが必要なためインストールする。

brew install mercurial
go get -v github.com/spf13/hugo

アップデートの場合は、以下のコマンドを実行するみたい。

go get -u -v github.com/spf13/hugo

タグとカテゴリの関係

Taxonomyあたりが関係している。

taxonomies:
  tag: "tags"
  category: "category"

上記の指定をすることで、いわゆるタグと、カテゴリに使用する名称を定義する。ここでは、タグをtags、カテゴリをcategoryとした。 (各記事のfrontmatterで利用している名称と一致させること)

http://gohugo.io/templates/terms/

tag,categoryのページを生成する際は、list.htmlが呼ばれる。

gsedのインストール

Macのsedは、挙動が違うらしいので、brew install gsedでインストールする。

課題

  • {% raw %}{% endraw %}が残っているため削除する
  • categoryとtagsのページレイアウトが仮のため、作成する(おそらくlist.htmlをいじればよい)
  • h2,h3に色を付けたい
  • imgをつけていく
  • 広告をつけていく
  • baseは、/blog/だから、categoryとtagsもそれに追随してほしい(直接Hugoのソースをみてみる)
  • デザインをフォークする

参考

B! Pocket

Related contents

TECH

2017.01.08

静的サイトジェネレータ「Hugo」でシンプルブログサイトを構築する

TECH

2015.10.11

Hugoソースコードリーディング〜Taxonomy〜

TECH

2022.09.03

【Hugo】Render Hooks for Code Blocksを利用してコードブロックにファイル名を表示する

TECH

2022.08.29

Hugoでブログカードを作成する(resources.GetRemote利用)

TECH

2022.08.14

GitHub PagesからCloudflare Pagesへの移行

TECH

2022.06.29

AMP Service WorkerでPrefetch Linksを実現する

TECH

2021.02.11

Git pre-commitフックでFrontmatterの「更新日時」を自動更新する

TECH

2021.01.24

「Hugoで始める静的サイト構築入門 静的サイトジェネレーターで作る自作サイト」を出版しました