ワークスタイル改革とは何か?

「ワークスタイル改革」と聞くけれど、そもそもなぜ求められているのか?

世界・日本・日本企業の現状

世界

  • グローバリゼーションが加速

日本

  • 人口減少、労働力減少
  • 超高齢化社会
  • 長時間労働の問題

企業

  • 優秀な人材を確保できない

このような状況を見ると、長時間働いて入れば、企業も業績が上がり、従業員も良い給料がもらえて幸せという時代は終わった。

労働時間が価値に必ずしも比例しない社会になり、時間・場所に限らず「新たな価値を創造する」ことでしか存在できなくなった。

日本の企業で、いままで通りのやり方では通用しないから「ワークスタイル改革」が必要とされ、また叫ばれている。

スポンサーリンク

今後

では、今後どうしていけばよいのか?

企業

  • 働く時間や、場所に制限があるため今まで働けなかった人に来てもらう
  • 専業主婦(専業主夫)、すでに退職した人に労働力を提供してもらう
  • 海外から優秀な人を採用する

人材を確保し、新たな価値を創造するためには、働く側の事情に配慮し、今まで時間・場所に制限があるため働くことができなかった、もしくは働きたくなかった人たちに来てもらう。

つまり、「時間」・「場所」にとらわれない新しい働き方を導入する必要がある。

時間・場所にとらわれない新しい働き方って?

導入を進めるには何をすればよいか?

  • 労務管理
  • カルチャー・文化を変える
  • ツールを導入する

企業に勤めながらどんな働きができるようになるか?

例えば、以下のような働き方ができる。

  • 取れない長期連休の代わりに、リゾートで楽しみながら働く
  • 育児のため時短勤務ではなく、在宅勤務で働く
  • 夏と冬は「長野」で働きます

『国境なきプログラマ』を目指す~ノマドワークの究極のかたちでは、海外のリモートワークの例が紹介されている。

参考

スポンサーリンク