SIS Lab

「読んだら忘れない読書術」

March 15, 2018 March 15, 2018

最近、本を読む機会が少なく、読んだとしてもイマイチ身になっている気がしない状態が続いていました。その中で「読んだら忘れない」というキーワードに惹かれて読んでみました。

情報と知識の違い

  • 情報・・・ネット、テレビ、新聞などで得られる「事実」「結果」「事象」
  • 知識・・・単なる羅列された文字情報ではなく、実践可能、応用可能で行動に繋がり、10年経っても風化することないもの 「結晶化された知識」

この「結晶化された知識」(エッセンス)を得られるのが本である。

ネット情報だけだと、どうしても断片化された情報になってしまう。 他人の経験をお金で買う。何千人もの成功体験と失敗体験が載っている

記憶に残る読書術

最初のインプットから、7ー10日以内に3ー4回アウトプットする。

アウトプット読書術

  1. 本を読みながらメモを取る、マーカーでラインを引く。
  2. 本の内容を人に話す。本を人に勧める。
  3. 本の感想や気づき、名言をFacebook やTwitterでシェアする。
  4. Facebooked やメルマガに書評、レビューを書く。

「本を読んだ」という定義

  • 内容を説明できること
  • 内容について議論できること

感想や自分の意見を述べられなければ、本を読んでいる意味がない。

話す時のポイント

「面白い」、「ためになった」を連呼してもいけない。具体的にどこがためになったのか、本の内容を要約しながら相手に伝えること。複数の切り口で伝えること。

精神科医がお勧めする「ホームラン本」とは?

「脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方」

「GO WILD 野生の体を取り戻せ!科学が教えるトレイルラン、低炭水化物、マインドフルネス」

Action Plan

B!

スポンサーリンク