Menu Close
  1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. Bitlyでの短縮URL作成(v3からv4への移行)

Bitlyでの短縮URL作成(v3からv4への移行)

更新日:2020.04.18 作成日:2020.04.17

Bitly API v3までは以下の通り、access_tokenと共に短縮したいURLをリクエストパラメタに乗せて、GETリクエストを行う方法でした。

https://api-ssl.bitly.com/v3/shorten?access_token=$apiKey&longUrl=hogehoge'

v4からはheaderにAuthorization: Bearer {token}を入れてPOSTリクエストをする必要があります。

bitly APIで短縮URL(TwitterのURLバン対策 パート2) - くらげになりたい。を参考にさせていただき、v3からv4へ移行しました。

v4での短縮URL取得サンプル(JavaScript)

const axios = require('axios');

const BITLY_ACCESS_TOKEN = process.env.BITLY_KEY || "";

(async () => {
  try {
    const endpoint = 'https://api-ssl.bitly.com/v4';
    const url = `${endpoint}/shorten`;

    const options = {
      headers: {
        "Content-Type": "application/json",
        Authorization: `Bearer ${BITLY_ACCESS_TOKEN}`
      }
    };

    const params = {
      long_url: 'https://www.meganii.com/'
    };

    const res = await axios.post(url, params, options);
    console.log(res.data.link);

  } catch (error) {
    console.log(error.response.body);
  }
})();

詳しいドキュメントは、以下のBitlyのサイトをご覧ください。

参考

スポンサーリンク

Related contents

TECH

2020.02.02

HugoでAMP対応のブログカードを作る

TECH

2017.11.19

SendGridのInbound Parseでメール受信をトリガーに処理を実行する

TECH

2016.09.03

Hubotで外部コマンドを実行する

TECH

2016.08.28

AceエディタをElectronに組み込む

TECH

2016.08.24

React + ElectronでFlickr連携可能なMarkdown Editorを作った

TECH

2016.05.11

Electronがv1.0.0になったのでMithril.jsと合わせてAmazonアフィリエイトリンクビルダーを作った

TECH

2016.02.20

ElectronでAmazonアフィリエイトリンクビルダーを作った

TECH

2016.02.07

D3.jsで東京の地価データを可視化する