1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. HugoでTailwindCSSを利用しAMP Validなページを生成する

HugoでTailwindCSSを利用しAMP Validなページを生成する

更新日:2021.01.30 作成日:2020.11.01

HugoでCSSフレームワーク「Tailwind CSS」を利用し、AMP Validなページを生成する方法についてのメモです。

ポイント

  • HugoでPostCSSの仕組みを利用して、TailwindでCSSを組み立てる
  • Tailwind CSS v1.4からpergeCSSを内包し、設定方法が変わった

Tailwind CSSは、utility-firstなCSSフレームワークです。 あらかじめ決められたutilityのセットが用意されており、ユーザはそのutilityを組み合わせて任意のデザインを組み上げます。

一方、AMPの制約には、CSSのインライン化とCSSサイズが決められています。Tailwind CSSが用意するCSSをすべて利用した場合には、2413.4kBとなりAMPの制約を満たすことができません。そのため、HugoでTailwind CSSを利用してAMP Validなページを生成するためには、未使用CSSを削除し、サイズ圧縮が必要です。

Tailwind CSS ver.1.3までは@fullhuman/postcss-purgecssを利用していましたが、ver1.4からはTailwind自体にpurgeCSSを含むようになり、設定方法が変わりました。

head.html

Hugoの<head>を組み立てるテンプレート内で、postCSSを利用します。

{{ if .Site.IsServer }}
  {{ $style := resources.Get "css/styles.css" | postCSS (dict "config" "./assets/css/dev/postcss.config.js") | fingerprint }}
  <link rel="stylesheet" href="{{ $style.Permalink }}" data> 
{{ else }}
  {{ $style := resources.Get "css/styles.css" | postCSS (dict "config" "./assets/css/postcss.config.js") | minify }}
  <style amp-custom>{{ $style.Content | safeCSS }}</style>
{{ end }}

.Site.IsServerによって、ローカル開発と本番ビルドで挙動を変えています。

  • ローカル開発(huge server):スタイルシートとして読み込み
  • 本番ビルド(HUGO_ENV="production" NODE_ENV="production" hugo -gc):AMPカスタムCSSとしてインラインCSS化

ポイントは次の記述です。css/styles.cssを読み取り、Hugo PipesのpostCSSに渡し、./assets/css/postcss.config.js"の設定に従い、CSSを処理します。

{{ $style := resources.Get "css/styles.css" | postCSS (dict "config" "./assets/css/postcss.config.js") | minify }}

postcss.config.js

const themeDir = __dirname + '/../../';

module.exports = {    
    plugins: [        
        require('postcss-import')({path: [themeDir]}), 
        require('tailwindcss')(themeDir + 'assets/css/tailwind.config.js'), 
        require('autoprefixer'),
    ]
}

tailwind.config.js

tailwind.config.jsはTailwindの設定ファイルです。 purgemode: 'all'で未使用CSSを削除します。

 const themeDir = __dirname + '/../../';
 
 module.exports = {
   purge: {
     mode: 'all',
     content: [
       themeDir + 'layouts/**/*.html',
       'layouts/**/*.html',
       'content/**/*.html',
     ],
   },
   theme: {},
   variants: {},
   plugins: []
 }

参考

Tailwind v1.3系の際の設定は次のとおりでした。

const themeDir = __dirname + '/../../';

module.exports = {    
    plugins: [        
        require('postcss-import')({path: [themeDir]}), 
        require('tailwindcss')(themeDir + 'assets/css/tailwind.config.js'),
        require('@fullhuman/postcss-purgecss')({
            // Specify the paths to all of the template files in your project 
            content: [
                themeDir + 'layouts/**/*.html',
                'layouts/**/*.html',
                'content/**/*.html',
            ],
            whitelist: ['blockquote'],
            whitelistPatternsChildren: [/post$/],
            // Include any special characters you're using in this regular expression
            defaultExtractor: content => content.match(/[\w-/:]+(?<!:)/g) || [], 
            fontFace: true
        }),    
        require('autoprefixer')({
            grid: true
        }),
        require('postcss-reporter'),
    ]
}

まとめ

  • Hugo Pipes「postCSS」を利用することで、Tailswind CSSでAMP Validなページを生成可能
  • Tailwind CSS ver1.4からフレームワーク自体にpurgeCSSの機能を含んだため、設定変更に注意

B! Pocket
スポンサーリンク

Related contents

TECH

2020.02.02

HugoでAMP対応のブログカードを作る

TECH

2019.10.11

AMPページの最適化〜ぼくのAMPサイトがこんなに遅い訳がない〜

TECH

2019.10.06

AMP向けのミニマルCSSフレームワーク「1BX」をHugoに導入した

TECH

2020.12.26

Hugoでブログ記事一覧ページ(ブログアーカイブページ)を作成する

TECH

2020.09.27

AMP OptimizerによるAMPのさらなる最適化

TECH

2020.08.15

Progressive Web Appを有効にする

TECH

2020.03.13

npm-run-allでローカルAPI serverとHugo serverを同時に実行する

TECH

2021.02.11

Git pre-commitフックでFrontmatterの「更新日時」を自動更新する