BOOK

2014.10.04

参加者の発言を促すファシリテーターの技術 〜ザ・ファシリテーター〜

なかなか読み進められないので、小出しにしてまとめることにします。 まずは、ファシリテーターの発言を促す技術についてです。 ザ・ファシリテーター出版社:ダイヤモンド社著者:森 時彦発売日: 2004/11/12 AmazonKin

BOOK

2014.06.26

学び方をリファクタリング

意識的な学び 学びとは、「人に対して」行われることではない。「人が」行うことである。 経験の伴わない、知識のみの習得は効果が無い。 2点目はすごく分かる。机上の知識だけでは、全然使いものにならない。やってみ

BOOK

2014.06.23

あなたは中級者を脱出出来ているだろうか?ドレイファスモデル技能モデル〜リファクタリング・ウェットウェア ―達人プログラマーの思考法と学習法〜

「必要な仕事を行い、必要になると新しい仕事を学ぶが、仕事を広範かつ概念的に理解することは決してない」 リファクタリング・ウェットウェア ―達人プログラマーの思考法と学習法出版社:オライリージャパン著者:A

BOOK

2014.06.17

「脱藩学」と「オモロい社会人」〜閉塞感のある君へ。こっちへおいでよ。〜

閉塞感のある君へ。こっちへおいでよ。 人とつながって情報発信するコミュニティ型生き方の秘訣出版社:アスキー・メディアワークス著者:湯川鶴章TechWave塾コミュニティ発売日: 2013/03/14 AmazonKindle

BOOK

2013.07.10

ビジュアル ロジカル・シンキング

ビジュアル ロジカル・シンキング (日経文庫) (日経文庫ビジュアル)出版社:日本経済新聞出版著者:平井 孝志渡部 高士発売日: 2012/04/14 Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング 「そもそも考えるとは、結論を出すこと

BOOK

2013.01.21

ホワイトボードでやってみたいこと

アジェンダリストを右端に残しておく 全員の相違を取ったアジェンダを右端に残しておき、終わったら横線を引いていく 「ストレスフリーのホワイトボード術 | IDEA*IDEA」より抜粋(過去URL:http://

BOOK

2012.07.31

「レバレッジ人脈術」人脈ってなんだろう

ふと、人脈について考えるキッカケがあったので考えてみたが、そもそも「人脈」ってなんだんだろうか。 「人脈を広げるのが大事」ってよく言われるけれど、自分にとってどんな人が人脈なんだろうか。

BOOK

2012.05.19

20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ

20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン著者:Hiroyuki Hal Shibata発売日: 2010/09/15 AmazonKindle楽天市場Yahoo!ショッピング 「第2言語」の概念 第2言語は完璧でなくてもよい(理解可能な水準まで到達すればそれで十分) 試験勉強のためでなく、実際に使う目的で学習する 「試験勉強のためでなく、実際に使う目 …

BOOK

2012.03.14

最近文章を書かなくなってきている

Writing Notes with Grammy / wickenden いつからだろう、まともに文章を書かなくなってきたのは。 学校を卒業すると、小学校みたいに読書感想文があるわけでもなく、大学みたいにレポートを書くわけでもない。最近、まともに文章を書いていない

BOOK

2011.12.28

2011年、印象に残った本ベスト10!!

今年もやってきました。@stiloさんの企画「2011年に読んだ本から10冊選んでブログで発表しよう! #10book2011」。思いついた順に、あげていきます! その1 モレスキン 「伝説のノート」活用術〜

BOOK

2011.09.01

歳をとること。20代の自分と30歳 -「脳は疲れない」を読んで

少し古いですが、読んだので気になったところを抜き出し。やっぱり、脳のはたらきって興味あるし、面白い。 海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス出版社:朝日出版社著者:池谷 裕二糸井 重里発売日: 2002/07/10 Amazon楽天市

BOOK

2011.08.27

Stateパターンの実装。InBoxState or OutBoxState 自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法大和書房 Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング 久々に、自分の小さな「箱」から脱出する方法を読み返しました。相変わらず自分を裏切り続ける毎日だなと自己嫌悪に陥りな