Menu Close

LIFE

2015.07.12

ワールド・カフェ形式の振り返りをやってみた感想

組合のイベントで「ワールド・カフェ」の形式を用いて1年間の振り返りをやってみました。そのときに実施した形式と感じたことをまとめます。 前提 参加者 32人程度 ラウンド数 3ラウンド 問い 「誰かに組合の魅力を伝え

LIFE

2015.07.05

「ワールド・カフェをやろう!」の事例からからみる目的と問い

ワールド・カフェをやろう出版社:日本経済新聞出版著者:香取 一昭大川 恒発売日: 2009.11.13 書籍「ワールド・カフェをやろう!」には、企業・団体が実際に行なった事例が多く載っています。 ここでは内容をピックアップして、

LIFE

2015.06.28

ワールド・カフェのプロセス

ワールド・カフェの標準プロセス 第1ラウンド テーマについて探求する 参加者が4〜5名ずつのグループに分かれて、テーブルの上の模造紙に、話した内容を落書き(ラフに書きながら)しながら会話をする。 第2ラウンド

LIFE

2015.06.28

ワールドカフェの問いを作るには?

by Financial Times photos ワールド・カフェにおいて、大切な問いを作るためにはどう考えればよいか? ワールド・カフェにおいて、「問い」の設定が大切なのは分かるが、どのような「問い」を設定すればよいのか? この2つの疑問を解決

BOOK

2015.06.11

『アジャイルレトロスペクティブズ』を読んで振り返りのやり方を学ぶ

今まで漠然と「ふりかえり」をやってきたが、次の疑問が浮かんできた。 ふりかえりとはどのようにすべきか 何を目的とするか どういった方法で行うのがよいのか 本書がこれらの疑問への回答のヒントになるのではないかと

ART

2014.10.09

知のグループウェアとしてのファシリテーション〜ザ・ファシリテーター〜

『空中戦』を回避しながら、『論理を構造化』して『可視化』して共有する 議論を可視化することで、常に論理の構造を意識できる 思考プロセスを個人の頭の外に出すことができる 思考プロセスを外部化すれば、グループで

ART

2014.10.04

参加者の発言を促すファシリテーターの技術 〜ザ・ファシリテーター〜

なかなか読み進められないので、小出しにしてまとめることにします。 まずは、ファシリテーターの発言を促す技術についてです。 ザ・ファシリテーター出版社:ダイヤモンド社著者:森 時彦発売日: 2004.11.12 ファシリテーターに

TECH

2013.03.26

ファシリテーション

ファシリテーション 「人と人とのインタラクション(相互作用)を活発にし、創造的なアウトプットを引き出すもの」 「促進する」「容易にする」みんなが持っている知恵や疑問を上手く引き出し、反応さえて一番優れた考

ART

2013.01.21

ホワイトボードでやってみたいこと

アジェンダリストを右端に残しておく 全員の相違を取ったアジェンダを右端に残しておき、終わったら横線を引いていく。 ストレスフリーのホワイトボード術 | IDEA*IDEA 進め方は以下のとおり。 ミーティングの最初に必ずやること