Menu Close

BOOK

2014.12.03

現場でプロが培った Google Analyticsの使い方

Google Analyticsのレポートをたまにみるのだが、どこに着目すればいいのか?どんな指標を比べればいいのかわからなかったため、一度読んでみる。 現場でプロが培った Google Analyticsの使い方 (WEB PROFES

LIFE

2014.11.03

未来を形作る5つの要因と32の要素

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>出版社:プレジデント社著者:リンダ グラットン.池村 千秋発売日: 2012.07.31 未来を形づくる5ちの要因 32の要素 要因1 テクノロジーの進化

LIFE

2014.11.03

ゼネラリストから「連続スペシャリスト」へ

2025年、私たちはどんな風に働いているのだろうか? 「漠然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、 「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。 本書の扉にこのようなコトバが書いてあった。 ワー

BOOK

2014.10.30

キャリア計画を立てよう! How Google Works-私たちの働き方とマネジメント-

How Google Works (日本経済新聞出版)出版社:日経BP著者:エリック・シュミットジョナサン・ローゼンバーグアラン・イーグルラリー・ペイジ発売日: 2014.10.08 この3つを読んで何も感じることがないようなら、あなたにはエンジニア

BOOK

2014.10.09

知のグループウェアとしてのファシリテーション〜ザ・ファシリテーター〜

『空中戦』を回避しながら、『論理を構造化』して『可視化』して共有する 議論を可視化することで、常に論理の構造を意識できる 思考プロセスを個人の頭の外に出すことができる 思考プロセスを外部化すれば、グループで

BOOK

2014.10.04

参加者の発言を促すファシリテーターの技術 〜ザ・ファシリテーター〜

なかなか読み進められないので、小出しにしてまとめることにします。 まずは、ファシリテーターの発言を促す技術についてです。 ザ・ファシリテーター出版社:ダイヤモンド社著者:森 時彦発売日: 2004.11.12 ファシリテーターに

TECH

2014.09.04

ぐだぐだ言ってないでコードを書けよ、自分! - 「Webサービスのつくり方」

個人的にちょうど「Webサービスのつくり方」ってキーワードがアツかったので読んでみた。心に響いた部分を抜粋する。読んでいたら、何かWebサービスを作りたくなった。 Webサービスのつくり方 ~「新しい」を

BOOK

2014.06.23

あなたは中級者を脱出出来ているだろうか?ドレイファスモデル技能モデル〜リファクタリング・ウェットウェア ―達人プログラマーの思考法と学習法〜

「必要な仕事を行い、必要になると新しい仕事を学ぶが、仕事を広範かつ概念的に理解することは決してない」 リファクタリング・ウェットウェア ―達人プログラマーの思考法と学習法出版社:オライリージャパン著者:A

BOOK

2014.06.17

「脱藩学」と「オモロい社会人」〜閉塞感のある君へ。こっちへおいでよ。〜

閉塞感のある君へ。こっちへおいでよ。 人とつながって情報発信するコミュニティ型生き方の秘訣出版社:アスキー・メディアワークス著者:湯川鶴章TechWave塾コミュニティ発売日: 2013.03.14 「脱藩学」「オモロい社会

ART

2013.07.10

ビジュアル ロジカル・シンキング

ビジュアル ロジカル・シンキング (日経文庫) (日経文庫ビジュアル)出版社:日本経済新聞出版著者:平井 孝志渡部 高士発売日: 2012.04.14 「そもそも考えるとは、結論を出すこと」 手に入れた情報を元に、ある論理に基づいて、

BOOK

2012.07.31

「レバレッジ人脈術」人脈ってなんだろう

ふと、人脈について考えるキッカケがあったので考えてみたが、そもそも「人脈」ってなんだんだろうか。 「人脈を広げるのが大事」ってよく言われるけれど、自分にとってどんな人が人脈なんだろうか。

LIFE

2012.06.06

一流の習慣術 イチローとマー君が実践する「自分力」の育て方 の奥村さんの講演を聞いてきた

一流の習慣術 イチローとマー君が実践する「自分力」の育て方 (SB新書)出版社:SBクリエイティブ著者:奥村 幸治発売日: 2010.07.16 イチローのバッティングピッチャーを務め、またマーくんを育てたという奥村幸治さんの講