1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. 「Duet Display」を利用して余っていたiPadを外部ディスプレイにする

「Duet Display」を利用して余っていたiPadを外部ディスプレイにする

更新日:2020.08.22 作成日:2018.12.27

「Duet Display」を利用して、iPadをMacBook Airの外部ディスプレイにしました。

「Duet Display」を利用して余っていたiPadを外部ディスプレイにする

念願のデュアルディスプレイです。

定価は2,400円ですが、今なら(2018/12/27現在)半額セールが行われており、なんと1,200円。これは買うしかないということで、自分へのクリスマスプレゼントとして購入しました。

以下のバージョンだとAirPlayでの画面転送になり、iPadの縦置きに対応できませんでした。

  • macOS Mojave Version 10.14
  • Duet Display Version 2.0.9

せっかく買ったので色々と調べてみると、macOSのバージョンを上げるとiPad縦置きに対応されるとのことです。

うまくいくことを期待してVersion 10.14.2にアップデートしたところ、以下のバージョンで問題なく動作することを確認しました。

  • MacBook Air (13-inch, Mid 2013)
    • macOS Mojave Version 10.14.2
  • iPad 2
    • Duet Display Version 2.0.9

古いiPadが余っていて、ディスプレイが欲しかった人にとって、「Duet Display」はかなり有力な選択肢になるのではないでしょうか。

参考

B! Pocket
スポンサーリンク

Related contents

GADGET

2020.07.26

【レビュー】iPad Pro 11インチ用にロジクールのキーボード「Logicool Folio Touch Keyboard Case with Trackpad」を買いました