1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. 金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

更新日:2020.07.05 作成日:2009.06.25

金持ち父さん貧乏父さん
出版社:筑摩書房
著者:ロバート キヨサキシャロン・レクター(公認会計士)白根 美保子
発売日: 2000/11/09

この本を読む上での得たいこと

お金の感覚を養う。

お金持ちの人のお金に対する感覚は、一般の人と比べてどこが違うのか?

実際に自分が始められることは何なのか?

目次

  • 教えの書(金持ち父さん、貧乏父さん>ロバート・キヨサキが語ったこと
  • 金持ち父さんの六つの教え
  • 金持ちはお金のためには働かない
  • お金の流れの読み方を学ぶ ほか)
  • 実践の書(まず五つの障害を乗り越えよう
  • スタートを切るための十のステップ
  • 具体的な行動を始めるためのヒント)
  • エピローグ たった七千ドルで四人の子供を大学に行かせた男の話

貧乏父さんは、しっかりと学校で勉強して、いい大学にはいり、いい企業で働くことが大切であると考えているのに対して、金持ち父さんは、『自分のビジネスを持つこと』こそが大切であると考えている。

ここでの自分のビジネスとは、本当の資産をもつことであると言っている。本当の資産とは一体何か?

資産と負債の違い

  • 資産は私のポケットにお金を入れてくれる
  • 負債は私のポケットからお金をとっていく

よって、金持ちになりたければ、お金を生んでくれる「資産」を買うことに生涯を捧げればよい。しかし、この資産と負債の違いを理解していない人が多い。

本当の資産

  1. 自分がその場にいなくても収入を生み出すビジネス
  2. 債権
  3. 投資信託
  4. 収入を生む不動産
  5. 手形、借用証書
  6. 音楽、書籍などの著作権、特許権
  7. その他、価値のあるもの、収入を生み出すもの、市場価値のあるもの

習得した学問をもとに職業に就くことに問題があるのは、自分自身のビジネスを持つことを往々にして忘れてしまうからである。感情で反応するのではなくて、はっきりした頭で物事を考える。

ファイナンシャル・インテリジェンス

  1. 会計力
  2. 投資力
  3. 市場の理解力
  4. 法律力

何かが足りない、何かが必要だと感じた時には、まずそれを人に与える。そうすることによって、与えたものの2〜3倍のものが返ってくる。

e.g.お金、ほほえみ、愛情、友情

読んでみた感想としては、もっと会計、株、経済のことに対して学びたくなった。学んだ上で、実践もしてみたい。

これから読みたい本

金持ち父さんのファイナンシャルIQ
出版社:筑摩書房
著者:ロバート・キヨサキ
発売日: 2008/11/05
B! Pocket
スポンサーリンク

Related contents

BOOK

2009.10.30

STUDY HACKS!

BOOK

2009.07.12

プログラムはなぜ動くのか?

BOOK

2009.07.06

金持ち父さんのファイナンシャルIQ

BOOK

2009.06.26

お金は銀行に預けるな

BOOK

2009.06.22

プロフェッショナルの条件

BOOK

2009.06.16

仕事頭がよくなるアウトプット勉強法

BOOK

2009.06.16

フォーカス・リーディング

BOOK

2009.05.25

生物と無生物のあいだ