1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. Cloudflare Workersを利用してCloudinaryの画像をプロキシする

Cloudflare Workersを利用してCloudinaryの画像をプロキシする

更新日:2022.09.03 作成日:2022.08.11

「すべてをCloudflareのCDNに載せたい」

Github PagesからCloudflare Pagesに切り替えたタイミングでCDNの設定を見直した。 どうせなら、Cloudinaryで配信している画像もCloudflareのCDNに載せたいと考え、やり方を調査した。

参考URL

アイデア

  • _headersを利用する
  • Cloudflare Workersを利用する

今回は、Cloudflare Workersを試してみた。

Cloudflare DNS

下図のとおり、Type AAAAのレコード100::を追加する。

Cloudflare Workers

index.js
addEventListener("fetch", event => {
	event.respondWith(handleRequest(event));
});

const CLOUD_URL = `https://res.cloudinary.com/${CLOUD_NAME}/image`;

async function serveAsset(event) {
	const url = new URL(event.request.url);
  const cache = caches.default;
  let response = await cache.match(event.request)
  if (!response) {
    const cloudinaryURL = `${CLOUD_URL}${url.pathname}`;
    response = await fetch (cloudinaryURL, { headers: event.request.headers });
    // Cache for howver long, here is 4 hours.
    const headers = new Headers(response.headers);
    headers.set("cache-control", `public, max-age=14400`);
    headers.set("vary", "Accept");
    response = new Response(response.body, {...response, headers});
    event.waitUntil(cache.put(event.request, response.clone()));
  }
  return response;
}

async function handleRequest(event) {
  console.log('Requesting the image');
  if (event.request.method === "GET") {
    let response = await serveAsset(event);
    if (response.status > 399)
    response = new Response(response.statusText, { status: response.status });
    return response;
  } else {
    return new Response("Method not allowd", { status: 405 });
  }
}
wrangler.toml
name = "img-proxy-dev"
main = "src/index.js"
compatibility_date = "2022-08-07"
vars = { ENVIRONMENT = "dev", CLOUD_NAME = "YOUR_NAME" }
[env.production]
name = "img-proxy"
vars = { ENVIRONMENT = "production", CLOUD_NAME = "YOUR_NAME" }
route = "images.example.com/*"

上記のような設定をすると下記のようにリダイレクトされる。

  • アクセス元 https://images.example.com/upload/v1628572257/image.png
  • リダイレクト先 https://res.cloudinary.com/YOUR_NAME/image/upload/v1628572257/image.png

所感

この設定により、CloudflareのEdge側でリバースプロキシのようにURLを書き換えて配信してくれる。 使いようによっては大変便利だ。

しかしながら、利用している間に、ときおり画像が空白になってしまう事象が発生した。 この原因が掴めておらず、一旦もとのCloudinaryのドメインに戻した。

原因解明後、再度設定してみたい。

B! Pocket

Related contents

TECH

2022.08.14

GitHub PagesからCloudflare Pagesへの移行

TECH

2020.05.11

Vercelにカスタムドメインを設定する(Cloudflareネームサーバ利用)

TECH

2019.11.16

Cloudflare AMP Real URLをブログに導入する

TECH

2018.01.17

Cloudinaryを利用したレスポンシブ配信

TECH

2017.11.20

画像ホスティング、画像変換サービスCloudinary