1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. デブサミの衝撃

デブサミの衝撃

更新日:2020.07.16 作成日:2010.12.08

今でも覚えている。あの時の衝撃を。

デブサミ2010

開発者の祭典 -DeveloperSummit2010-

世界は変わった。開発の現場はどうか? Developers Summit 2010

参加理由

  • 実は去年から行きたかった
  • SIerの実情、SIerの未来を感じたかった
  • エンジニアとしてのロールモデルをみつけに
  • 憧れの人に会いたい

就活中に知ったデブサミ。就活中だから行けなかったデブサミ

デブサミの存在は、就活中に知ったのですが、なにぶん説明会の真っ最中。なかなか行けそうも無いので断念してました。 でも、今年は入社までに時間がある。社会人になったら、平日休んでまで参加できない。いい機会だから行ってやれーっと、東京の友人に泊めてもらうメールを打ちました。(いつもお世話になっています)

確かに感じた衝撃。そして衝動へ

SIerのこれからのソフトウェア開発を創る

でも、なんだかんだ @papandaさんの講演を聴いてみたいってのが、僕の足を東京まで運ばせました。

  • 周りの気温が上がるのを待っているほど、人生は長くない
  • パフォーマンスベース契約
  • ソフトウェア業界は、業界そのものが影響し合っている
  • 我々のソフトウェア業界を支えるのは、この業界そのものだ
  • ソフトウェアは世界を変える。今まで出来なかったことが出来るようになった

@papandaさんの熱い気持ちに触れることができ、なんだか胸が熱くなった。いつか自分もデブサミのスピーカーに。あの舞台に立てるだけのエンジニアになりたい。そう思えた。

講演の中で言われていた、ビジネスモデルの変革というのは、今まさに起ころうとしている。

変革の時代に個人としては、何をやるべきか。個人としては、どこへ向かっていくべきか。若さを武器に取り込めるものは取り込んでいきたい。

同年代の衝撃

NoSQLを知る〜kumofsから学ぶNot only SQLの技術〜

圧倒的な差を感じた。自分の大学4年間ってなんだったんだろう?って。

  • 自分と同じ歳の人が、分散システムkumofsを開発し、価値を生み出してる
  • 自分と同じ歳の人が、デブサミの会場で見事なプレゼンを行い、質疑応答も完璧

一方、何も知らない22歳。なんだろう土台が違う?こうも違うものかと。

でも、自分も頑張ろう。1歩ずつ1歩ずつ。そう思えた。

デブサミの衝撃

希望 HOPE

いい意味での衝撃は、こんなにもいろんな世界が広がっているんだ。いつかあんな人たちと繋がって仕事がしたい。ソフトウェアの可能性を感じた。

あこがれのあの人にちょっとでも近づきたい。見てる世界を感じたい。

絶望 despair

悪い意味では、今のまんまじゃ一生かかったって、追いつけない絶望感。自分には向いていないじゃないかそんな気がした。働きだした今のほうが、知れば知るほど、遠い存在だと感じる。戦う土俵が違うんじゃないか。そう思わざるを得ない。 だとしたら、どこならば対等に戦えるようになるのか。

知れば知るほど、知らなきゃいけないことが出てくる。知れば知るほど、ネット上の人たちの凄さがわかってくる。

希望と絶望。同時に味わった、デブサミの衝撃。

合わせて読みたい記事

B! Pocket
スポンサーリンク

Related contents

TECH

2010.08.23

スマートに見せる立ち振る舞い方があった-名古屋ライフハック研究会vol.9「再発見 大人のための話し方&マナー」-

TECH

2013.02.09

DevLOVE関西「勉強会勉強会」

TECH

2011.02.21

プログラマが知るべき、たったひとつの大事なことがら -DeveloperSummit2011に行ってきました!!-

TECH

2011.01.31

マインドハック研究会@名古屋ライフハック研究会に行ってきました!!

TECH

2009.12.13

セキュリティ&プログラミングキャラバン、セキュメロ合同勉強会にいってきたー!!!

TECH

2010.12.28

グローバルエンジニア〜自分の限界は自分が決める〜 まつもとゆきひろ氏 基調講演

TECH

2010.12.06

踏み出す一歩。飛び込む勇気。

TECH

2010.05.29

ありえるえりあ勉強会に行ってきましたー!!