X

マインドハック研究会@名古屋ライフハック研究会に行ってきました!!

更新日:2018/06/30 作成日:2011/01/31

2011/01/29(土)は、マインドハック研会究@名古屋ライフハック研究会に行ってきました。テーマは、「時間管理」

やりたいこと問題

「やれてない」から「やりたい」

例えば、英語が読めないが、格好がつかないから英語を読めるようになりたい。でも、それって本当にやりたいことなの?

忙しい →やりたいこと増 ひま -> やりたいこと減やりたいことを増やし過ぎる傾向。なぜやりたいか?を自分に問うべき。

「なぜやるか?」をすぐに確認 「やりたい」って思う気持ち、感情のピークはタスクリストに書いた瞬間。そのときには、やりたいことの理由が明確にあったはず。でも、時間が経つと、そのときの気持ちを忘れて、なんでこれをやってるのかわからなくなってしまう。そこで、いつ、どういう理由でやりたいと思ったかを残しておく。

  • [やりたいこと]toodoledoでタスク管理
  • [いつ]2011/01/29
  • [理由]一日のやるべきことの取りこぼしをしたくないから。

理由から感情を引っ張りだす

そのときのやりたい気持ちという感情を引っぱり出すことで、実行しやすくなる。どういう理由でやりたいと思ったかを即座に思い出せるように、いつも触れるタッチポイントに置いておく。

やりたくない問題

どうしてもやりたくないもの。例えば、寒い朝のゴミ出し、勉強など。を実行するための方法

  • 微分方式
  • ピタゴラスイッチ

微分方式 ~うんと少しずつやる~

やりたくないことは秒単位で行う一歩動くことへのstep

ピタゴラスイッチ ~考える暇を与えない~

やりたくないと思う前に一つ一つ実行していく。そのためにもアクションとアクションの間を開けない。行動を自動化する仕組み

時間の見積り

  • 最低これだけかかる
  • 最高でもこれぐらいにしないとやばい
  • 短い方がいいけどよくわかんない

問題は、3.短い方がいいけどよくわかんない時間の見積り。

人には正確な時間感覚を把握する能力はない

3.短い方がいいけどよくわかんない時間に関しては、どうせ見積もれるわけないのだから、正確な見積りは不要。自分の好きなように決めてしまえばいい。

本気をだせば、終わるという幻想

「本気を出せば、一瞬で終わる。」よく、聞くが全く当てにならない。感情で時間を見積もるのではなく、ログを取り、見積りと実際の差を少しずつ修正していくしかない。

感想

見積りの正確さ

@nokiba さんの時間に対する感覚にびっくり。だいたいが見積り時間通りになるという。正確な見積りが出来るようになるのも、見積り→ログ→修正を繰り返すしかないという。

本当にやりたいこと?

「やれない」から「やりたい」。でもそれって、本当にやりたいこと?というのが考えさせられた。むやみに、やりたいことを増やすだけで実行できるわけない。本当にやりたいことに注力する。Why? Why? Why? 何故の速射砲で、自分の本心を探っていきたい。

Toodledo でタスクシュート

やってみたい!!

スポンサーリンク