静的サイトジェネレータ「Hugo」インストール

静的ジェネレータ「Hugo」のインストール方法です。 MacでHomebrewを使っている方は、brew update && brew install hugoとすれば、すぐにインストールできます。

スポンサーリンク

Macでのインストール方法

Hugo - Installing on a Mac

brewのインストール

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
$ brew update
$ brew install hugo

Windowsでのインストール方法

下記URLに従い、利用するWindows環境に合わせて32bit or 64bitをどちらをダウンロードします。 Hugo - Installing on Windows

https://github.com/spf13/hugo/releases - https://github.com/spf13/hugo/releases/download/v0.18.1/hugo_0.18.1_Windows-32bit.zip
- https://github.com/spf13/hugo/releases/download/v0.18.1/hugo_0.18.1_Windows-64bit.zip

構築

以下のコマンドを実行すると、最低限のフォルダ構成が作成されます。

$ hugo new site myblog.com
$ tree
.
├── archetypes
├── config.toml
├── content
├── data
├── layouts
├── static
└── themes

hugo serverとコマンドを実行すれば、直下のconfig.tomlを読み込んでサイトのプレビューができるのですが、この最低限のフォルダ構成ではなにも表示されないので、まずはテーマをインストールします。

$ cd themes
$ git clone https://github.com/dim0627/hugo_theme_robust.git

ダウンロードしたthemeを利用するには、以下の通り--themeオプションで、インストールしたテーマを指定してhugo serverを実行します。

hugo server --theme=hugo_theme_robust

スポンサーリンク