時間の投資家としてキャリアを考える

逆説のキャリア思考のスライドを読んで印象に残った言葉である。全くその通りだと、すっと腑に落ちた。

スポンサーリンク

キャリアを考えるときに、本当にやりたいことは何か、それに向かって今何が出来るか?どんなことをしていかないといけないか?このように考えることは多い。でも、投資家という帽子を被り、自分の進むべきキャリアに投資するとすれば、一体どこに投資するだろうか?少なくとも、今後廃れゆく技術や、業界には時間を投資しないと思う。投資する”時間”に対するリターンが最大化するように考えるはずだ。

すべての⼈は投資家にならざるをえない。君が仕事を選ぶとしたら、それが数⼗年後に価値のあるものになると信じて選ぶはずだ。 - Peter Thiel, Zero to One

どうせなら、数十年後に価値がある仕事をしていた方が精神的にも、金銭的にも豊かになる可能性が高い。もちろん、適正や個人の価値観もあるため、そこは天秤に掛ける必要がある。

時間だけは、どんな人にも平等に与えられる。その時間をどこに投資するか?限りある人生において、時間をどこに投資するのか。その与えられた時間で漫画を読み耽るのもよし、その時間で技術を磨くのもよい。”時間”の投資家として、自分で自分の人生をコントールするべきだ。

数十年後自分がどうなっているのか?二極化していく世界で楽しくサバイブ出来ているだろうか?そのためには、どこへ時間を投資すればよいか?考えていきたい。

詳しくは、下記スライドを読んでみてください。


逆説のスタートアップ思考

馬田 隆明

出版社:中央公論新社

発売日:2017-03-08

 Amazonで詳細を見る


ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

ピーター・ティール

出版社:NHK出版

発売日:2014-09-25

 Amazonで詳細を見る


ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質

ナシーム・ニコラス・タレブ

出版社:ダイヤモンド社

発売日:2009-06-19

 Amazonで詳細を見る


スポンサーリンク