Menu Close
  1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. Tableauの「結合済みフィールド」(Combined Fields)を利用して任意のソート順を定義する

Tableauの「結合済みフィールド」(Combined Fields)を利用して任意のソート順を定義する

更新日:2020.03.31 作成日:2020.02.10

Excelだと簡単にできるソートも、Tableauだと意外と苦戦する場合があります。

例えば以下のように各店舗、席タイプ、サービスメニューごとの価格の一覧があったとします。「価格でソートし、最安値となるサービスメニューを探したい」となった場合、ディメンション毎のソートとなってしまい、なかなか意図するソート順になりません。

こういう場合は、「結合済みフィールド(Conbined Fileds)」を利用することで、任意のソート順を設定できます。

結合済みフィールドを利用して任意のソート順を設定する方法

  1. 複数のフィールドから「結合済みフィールド」を作成
  2. 作成した「結合済みフィールド」をシェルフに追加
  3. 作成した「結合済みフィールド」を「並べ替え」から指定してソート
  4. 「結合済みフィールド」を非表示

1. 複数のフィールドから「結合済みフィールド」を作成

ディメンションから複数のフィールドを選択して、右クリックから「作成 > 結合済みフィールド」を選択します。 (設定したいソートの粒度になるように複数選択する)

2. 作成した「結合済みフィールド」をシェルフに追加

これにより、ソートを掛けたい粒度になりました。

3. 作成した「結合済みフィールド」を「並べ替え」から指定してソート

4.「結合済みフィールド」を非表示

ソートのためだけに用意した「結合済みフィールド」は見せる必要がありませんので非表示にします。

これで完成です。

まとめ

「結合済みフィールド」を利用することで、従来Excelで表現できていたソート順の設定をTableauでも実装できました。

「都内で一番コスパの良いバグースのメニューはどこのどのサービス(10時間未満のデイパック限定)か」という問いに対して、Bネット蒲田店「期間限定デイパック7時間」が優れているという解を得られました。 (2020/2/9現在)

参考

出版社:翔泳社
著者: 松島 七衣
発売日: 2019-07-18
スポンサーリンク

Related contents

TECH

2020.03.23

「DATA Saber認定制度」のふりかえり

TECH

2020.03.20

【Tableau】積み上げ棒グラフの合計値をラベル表示する方法

TECH

2020.03.06

Tableau PublicのVizをiframeでブログに埋め込む方法

TECH

2020.02.27

【Tableau】カテゴリ別の上位と下位Nを表示する

TECH

2020.01.25

データ準備におけるTableau DesktopとTableau Prep Builderの使い分け

TECH

2020.01.09

Tableauホワイトペーパーから読み解く「トラディショナルBIとモダンBIの違い」

TECH

2020.01.04

Google AnalyticsをデータソースとしてTableau Desktopでアクセス解析を行う

TECH

2019.12.27

Tableau製品とTableau Publicで「できること」「できないこと」