Menu Close
  1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. 【Tableau】「Tableau Blueprint」を読み進める上での用語整理

【Tableau】「Tableau Blueprint」を読み進める上での用語整理

更新日:2020.07.10 作成日:2020.04.28

Tableau Blueprint の紹介 | Tableau Software

Tableau Blueprintを読み進めている上で、英語の用語がいまいちピンときませんでしたので、調べてみました。

エグゼクティブ・スポンサー Executive Sponsor

  • プロジェクトに関して最終的な権限をもつ人物
  • プロジェクト資金の調達、課題やスコープ変更の解決、主な要素成果物の承認、ハイレベルの方向性を提供

日本企業であれば、以下の「事業部長」が一番しっくりきそう。

たとえば、ライン組織でプロジェクトを行う場合には

エグゼクティブアドボカシー Executive Advocacy

  • アドボカシー(Advocacy)
    • 擁護・代弁、支持・表明、擁護者、支援などの意味
    • システムや制度における決定に影響を与えることを目的とした、個人またはグループによる活動や運動

Executive Advocacyなので、「経営層の合意・支持」のような意味と捉えました。

LOB (Line Of Business)

  • 企業業績に直結するライン部門、事業部

CoE (Center of Excellence)

  • 企業や企業グループなどで部門横断的取り組みを継続して行う際に、その活動にかかわる人材やノウハウ、ツールなどを結集した組織やグループ
  • 多くのプロジェクトの中で専門性を持った人材を組織横断的に配置し、ベストプラクティスを集約・適用・運用することにより、効率的にシステム導入していくための仕組み・組織

CoEを設置することで、標準化・共通化を行い、ベストプラクティスを集約・適用できる点がポイントです。

CoEが存在しないと、成功事例(失敗事例)が共有されず、同じ失敗ばかりしてしまう可能性があります。 また、プロジェクト間で統一すべきマスタや用語がバラついてしまうことも問題の1つです。

参考

スポンサーリンク

Related contents

BOOK

2020.07.07

『データ視覚化』とは何か 〜「データ視覚化のデザイン」「データビジュアライゼーションの教科書」から『Data Visualization』を読み解く〜

TECH

2020.05.25

【Tableau】「階層」をもつ動的なフィルタを実装する

TECH

2020.05.20

【イベントレポート】「組織全体の分析力を上げよう〜「Viewer」を巻き込むには?〜」

TECH

2020.05.08

【Tableau】Tableau Publicにデフォルト「非表示」で保存する方法

TECH

2020.03.23

「DATA Saber認定制度」のふりかえり

TECH

2020.03.20

【Tableau】積み上げ棒グラフの合計値をラベル表示する方法

TECH

2020.03.06

【Tableau】Tableau PublicのVizをiframeでブログに埋め込む方法

TECH

2020.02.27

【Tableau】カテゴリ別の上位と下位Nを表示する