1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. 「先輩っ、わかりません!」って言うその前に

「先輩っ、わかりません!」って言うその前に

更新日:2020.07.05 作成日:2010.12.21

仕事をしてると、まったく先がわからず、どうしようもなくなるときってありますよね。

そんなとき頼りになるのは先輩だったりするのですが、邪魔ばっかりするのも悪いので質問するときには、できるだけ短い時間で済ませたいですよね。最近読んだ「つまみぐい勉強法」にヒントがありました。

先輩へ聞く前に考えることは次の4つ。

質問する前に考えること

1. 具体的にどんな作業をしたか

実際の作業を整理する

困った状況に陥った場合、そこに至るまでの過程がある。この過程は、自分だけが知っている情報をまとめる必要がある。

2. その結果、どういう状態になったのか

現状の結果を整理する

どういう状態に困っているかを説明する。

3. 本来、どういう状態になりたかったのか

理想の状態を整理する

自分が目指していたのは、どういう状態だったか説明する。

4. そもそも、何をしたかったのか

作業の目的を整理する

一方、実際に聞く時は、考えたときと順番が違うってのポイントです。

質問するとき

4. そもそも、何をしたかったのか

作業の目的を説明する

自分がどこへ向かおうとしているのか。

3. 本来、どういう状態になりたかったのか

自分の理想の状態を説明する

自分が目指そうとしていた状態を先輩と共有する。

1. 具体的にどんな作業をしたか

実際に行った作業を説明する

2. その結果、どういう状態になったのか

現状の結果を説明する

目的と理想の共有があれば、正解に繋がる行動をしていたのかがわかる。

まとめ

いかに相手にわかりやすく要点を掴んでもらい、適切なアドバイスをもらうかって大事ですよね。

どうしても回りくどい言い方、自分でも何が言いたいかわからない状態によくなってしまいます。わかりやすく相手に伝えるってのは、自分の課題でもあるので、意識してみたいです。

そんなヒントが「つまみぐい勉強法」には詰まっています。ぜひ、ご一読を。

スポンサーリンク

Related contents

BOOK

2010.12.31

2010年、印象に残った本10冊

BOOK

2010.12.14

ONEPIECE(ひとつなぎの大秘宝)とは、実はブログのことだった。

BOOK

2010.11.07

アテンションコントロールを学ぶ ~仕事するのにオフィスはいらない~

BOOK

2010.10.28

好きなモノ、好きコトを書く。それでいいじゃないか「ネットがあれば履歴書はいらない」

BOOK

2010.10.21

Simple is Best. 「The POWER OF LESS 減らす技術〜」

BOOK

2010.09.21

本質と大局観と練習-情熱プログラマーを読んで

BOOK

2010.08.29

明日は今日とは違う自分になる〜仕事は楽しいかね?〜

BOOK

2010.08.17

すぐやる人におれはなるっ!