Amazonマーケットプレイスで裁断本を含む不要な本を出品してみたら思いのほか簡単に売れた!

引っ越しに伴い、本棚に積まれていた本を整理しました。今まではブックオフに持っていくということしか頭になかったのですが、色々調べてみるとAmazonマーケットプレイスやAmazon買い取りサービスなるものが存在して、比較的簡単に高く本を売却できそうだったので試してみることにしました。

結論としては、ブックオフに持っていくより断然、高値で売ることが出来たのでHAPPYになりました。

スポンサーリンク

結論

  • Amazonマーケットプレイスでの金銭のやり取りは、Amazonが間に入ってくれるので、金銭面でのトラブルの心配は少ない
  • ブックオフに持っていくよりも高値で買い取ってもらえる
  • 送付する作業はやはりめんどくさい

ある程度、売れそうな本だけAmazonマーケットプレイスで出品して、残りはAmazon買い取りサービスとブックオフを利用して引き払うという以下の手順で進めました。

  1. 裁断して捨てる
  2. Amazonマーケットプレイス
  3. Amazon買い取りサービス
  4. ブックオフに売却

Amazonマーケットプレイスでの裁断本の出品について

Amazonマーケットプレイスで、裁断本を出品するには、コンディションを「可」に設定して、裁断済みの本であることを明記すればよいとのこと。

製本状態でない商品もしくは製本されていない商品を出品される際は必ずコンディションを「可」で出品してください。また、製本状態にない商品、製本されていない商品であることをコンディション詳細の記入欄に明記してください。 製本状態でない商品を「良い」以上のコンディションで出品されている、もしくはコンディション詳細の記入欄に明記されていない場合は、Amazonの判断にて出品を取り下げる場合があることをご了承ください。 Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonマーケットプレイス コンディション・ガイドライン

参考ページ

アマゾンマーケットプレイスで裁断済み書籍というのが売られていたので - しいたげられたしいたけ2

出品した本

裁断本

  • SQLアンチパターン
  • SQL実践入門
  • Rubyによるクローラー開発技法 巡回・解析機能の実装と21の運用例
  • [改訂新版] 3分間ネットワーク基礎講座

裁断していない本

  • アート・オブ・コミュニティ ―「貢献したい気持ち」を繋げて成果を導くには
  • Emacs実践入門 ~思考を直感的にコード化し、開発を加速する
  • プログラマが知るべき97のこと
  • 本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウ
  • ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
  • 伝え方が9割
  • How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント
  • マニャーナの法則 明日できることを今日やるな
  • システムインテグレーション崩壊 ~これからSIerはどう生き残ればいいか?
  • 売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則

所感(追記)

どの本も出品して一週間以内に貰い手がついたことを考えると、Amazonの集客力はすごいです。今だとメルカリも選択肢に挙がるかもしれませんが、メルカリに比べてAmazonマーケットプレイスのメリットは、手数料を取られない点だと思います。メルカリだと、売上の10%を取られますし、1万円からでないと換金できません。

また、オークションとは異なり、お金のやり取りが発生しないのでそこは凄く楽でした。

ブックオフに持って行ってもどうせ、足元をみられて安い金額でしか買い取ってもらえないのであったら、少しの手間でも、Amazonマーケットプレイスに出品するのもありだと思います。少しでも本を処分するとき参考になれば幸いです。

スポンサーリンク