Menu Close
  1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. Tableau製品とTableau Publicで「できること」「できないこと」

Tableau製品とTableau Publicで「できること」「できないこと」

更新日:2020.01.17 作成日:2019.12.27

最近、Tableauを触る機会が出てきたので、調べながら学んだ点を残しておきます。

Tableauとは

いわゆるBIツールの1つです。少し触ってみた感じだと、ドラッグ&ドロップで簡単にデータをビジュアル化でき、触っていて楽しいツールです。

公式ページによると、下記の通りデータ分析プラットフォームとして位置付けているようです。

Tableau は、接続からコラボレーションまでをスムーズに行える、最も強力でセキュアかつ柔軟なエンドツーエンドのデータ分析プラットフォームです。データのパワーの活用を可能にして、ビジネスをサポートします。個人で利用できるように設計され、エンタープライズ規模に拡張することもできる Tableau は、アクションを生み出すインサイトをデータから引き出せる唯一の BI プラットフォームです。 Tableau とは? | Tableau Software

Tableau製品には何があるのか

個人でTableauを使いたいと思った場合、なかなか有償版購入という選択肢は取れませんので、有償版/無償版という切り口でTableau製品を分類しました。

有償版

  • Tableau Prep Builder ETLツール
  • Tableau Desktop Viz作成・分析ツール
  • Tableau Server / Tableau Online 共有ツール

無償版

  • Tableau Public Viz作成・分析ツール
  • Tableau Public Gallery 共有ツール(サービス)

Tableau Publicの機能制限

  • 接続できるデータソースが限られる
  • 作成したグラフやダッシュボードをローカルに保存できない(Tableau Public Gallary)

「Tableau Public」を使ってGoogle Analyticsに簡単に接続できれば、アクセス解析とか簡単にできると考えました。

しかし、そこは上手くできているようで、接続できるデータソースに機能制限があります。

とはいえ、Excelファイルやcsv, jsonなどのテキストファイルは普通に読み込めるので、必要に応じてGoogle Analyticsのデータを出力することで対応できそうです。

また、作成したVizをローカルに保存できません。保存する場合はTableau Public Gallaryが利用できるのですが、これは全世界公開されるという仕様です。そのため、機密情報や公にできないデータを扱うには向きません。

一方、個人でオープンデータを利用する場合は、Tableau PublicTableau Desktopの分析機能を無償でフル活用できるので非常に強力なツールになります。

まとめ

  • オープンデータを個人で分析する場合は「Tableau Public」が有効
  • Tableau Prep Builderの無償版に相当するツールは存在しないため、別途手作業やPythonなどで前処理が必要

参考

リソース | Tableau Public

出版社:翔泳社
著者: 松島 七衣
発売日: 2019-07-18
スポンサーリンク

Related contents

TECH

2020.03.23

「DATA Saber認定制度」のふりかえり

TECH

2020.03.20

【Tableau】積み上げ棒グラフの合計値をラベル表示する方法

TECH

2020.03.06

Tableau PublicのVizをiframeでブログに埋め込む方法

TECH

2020.02.27

【Tableau】カテゴリ別の上位と下位Nを表示する

TECH

2020.02.10

Tableauの「結合済みフィールド」(Combined Fields)を利用して任意のソート順を定義する

TECH

2020.01.25

データ準備におけるTableau DesktopとTableau Prep Builderの使い分け

TECH

2020.01.09

Tableauホワイトペーパーから読み解く「トラディショナルBIとモダンBIの違い」

TECH

2020.01.04

Google AnalyticsをデータソースとしてTableau Desktopでアクセス解析を行う