『アジャイルレトロスペクティブズ』を読んで振り返りのやり方を学ぶ

漠然と「ふりかえり」をやってきたが、ふりかえりとはどのようにすべきか?何を目的とするか?どういった方法で行うのがよいのか?という疑問が浮かんできた。本書が、これらの疑問への回答のヒントになるのではないかと思い、内容を押さえていく。

「アジャイルレトロスペクティブズ」と銘打っているが、要は、「ふりかえり」の教科書である。

ふりかえりは、以下の5つの内容で構成されるべきである。

  1. 場を設定する
  2. データを収集する
  3. アイデアを出す
  4. 何をすべきか決定する
  5. レトロスペクティブスを終了する

スポンサーリンク

1. 場を設定する

まず、ふりかえりの始めに、以下の点を合意を取る。

  • 目的
  • 何にフォーカスするか、何に着目するか
  • 所要時間
  • 時間の使い方

また、チームの約束を決める・レビューする。(ファシリテートの文脈だと、「グランドルール」に該当するのかもしれない)場を決定する時間を飛ばしたり、「節約」してはいけない。後々、ふりかえり中、口を開かない。集中できないなど、場を設定しないことは高くつく。

これは、経験がある。ふりかえりの目的がはっきりしていないと、何をふりかえればよいかが分からなくなり、話がまとまらない。また、いきなり本題から入っていっても周りの人のモードが切り替わっておらず、集中できていないことがあった。

まずは、場をあたためる、目的・ゴールを定めることが重要である。

2. データを収集する

Timeline detail

Photo: undefined by Garrett Coakley

まずは、客観的なデータを収集することから始める。客観的なデータとは、以下のイベントやメトリクスなどである。

イベント

  • ミーティング
  • 何らかの決定
  • チームメンバの変更
  • マイルストーン
  • お祝い事
  • 新しい技術

など、チームの誰かに関係のあるすべてのイベントを指す。

メトリクス

  • バーンダウンチャート
  • ベロシティ(速度)
  • 不具合の発生数
  • 完了したストーリーの数
  • リファクタリングされたコード量
  • エフォートデータ(工数の算出元になるデータ)

次に、感情のデータを集める。感情のデータとは、怒り、悲しい、楽しいなど各個人の気持ちを表すものである。例えば、カラードットシールなどで、気持ちの浮き沈みを表すなどが挙げられる。

データ(客観的データ、感情データ)を集めることで、共通の理解を作ることができる。この共通理解がなければ、ふりかえりでメンバが集まってきても、個々の自分だけが知っているデータだけでものを考えることになってしまう。

共通理解ができることで、「チーム」として変更や試みにコミットできるようになる。

3. アイデアを出す

チームに、以下のことを調査・検討してもらう。

  • 成功へと繋がる状況、相互作用、パターン
  • 不具合や欠陥はどうだったか?なぜ起きたか?
  • リスクと予期しないイベントや結果

問題が起きると、人はすぐに解決策を求めるが、最初に思いつく策は、だいたい間違っている。

このフェーズでやるべきことは、

  • どんな解決策があるか、さらなる可能性を調べること
  • 問題の原因とその影響をみて、分析的に考えること
  • 上記2点を、「チーム」が一緒に考えること。

このフェーズでアイデアを出すことで、チームはより効果的な働き方に気付くことができる。その気づきこそが、レトロスペクティブス、ふりかえりの効果である。

4. 何をすべきか決定する

試みやアクションを計画するチームに、構成やガイダンスを提供すること。

計画を作ったら、担当者の割り振りを決めること。個人のコミットメントがないと、人々はチームのタスクだと思い、誰もやらなくなってしまう。

5. レトロスペクティブスを終了する

経験を文書化する方法を決めて、フォローアップを計画すること。

  1. 場を設定する
  2. データを収集する
  3. アイデアを出す
  4. 何をすべきか決定する
  5. レトロスペクティブスを終了する

を使うと、チームに以下の考えるが身に付く。

  • 異なる視点を理解する
  • 自然な順番で考える
  • 現在の仕事のやり方やプラクティスに包括的な視点を持つ
  • 予定調和で終わらせず、必要なところでは議論を許容する
  • 具体的なアクションや試みを次のイテレーションで使えるようにしてふりかえりを終える

参考

スポンサーリンク