1. SIS Lab
  2. >
  3. Blog
  4. >
  5. ワールドカフェの問いを作るには?

ワールドカフェの問いを作るには?

更新日:2019.04.27 作成日:2015.06.28
ワールドカフェの問いを作るには? /images/2015/06/world_cafe.jpg

by Financial Times photos

  • ワールド・カフェにおいて、大切な問いを作るためにはどう考えればよいか?
  • ワールド・カフェにおいて、「問い」の設定が大切なのは分かるが、どのような「問い」を設定すればよいのか?

この2つの疑問を解決するべく、以下の2冊のワールド・カフェ本を読んで内容をまとめてました。

ワールド・カフェをやろう
出版社:日本経済新聞出版
著者:香取 一昭大川 恒
発売日: 2009/11/13

ワールド・カフェ~カフェ的会話が未来を創る~
出版社:ヒューマンバリュー
著者:アニータ ブラウン / デイビッド アイザックス / ワールド・カフェ・コミュニティ香取 一昭 / 川口 大輔
発売日: 2007/09/28

書籍「ワールド・カフェ カフェ的会話が未来を創る」では、問いをつくる際の留意点を以下のように述べています。

留意点

  • 参加者が、ぜひとも話したくなるような問いを提示する
  • 主催者がテーマに基づき、その時にどんな場を作りたいか?どんな対話が起こって欲しいかを意識して問いを作る
  • 本当に大切なテーマに対しての目的意識、焦点、エネルギー、直接的な関心を向けられるようによく練ること
  • オープンな問いにする(イエス・ノーでは答えられないもの)
  • 直接的なアクション項目、あるいは問題解決を求めるものである必要はない
  • 探求を引き起こすものであるほうがよい
  • ポジティブな問いを立てる
  • 力強い問いを作る

「オープン」「ポジティブ」「力強い問い」とは?

ワールドカフェの問いは、「オープンな質問」であることが必要なのは、間違いありません。なぜなら、イエス・ノーでは答えらないオープンな質問だからこそ、どんなものが考えられるか?など探求が引き起こされるはずだし、話しがいのある問いになりうるからです。

また、「ポジティブな問い」とは次のような話題を考える上で、意識が「ネガティブ」ではなく「ポジティブ」になるような問いにするということです。

ネガティブ、ポジティブとは具体的には次のようなものです。

  • ネガティブな問い: 「なぜうちの学校はこんなにも問題が多いのか?」
  • ポジティブな問い: 「よりよい学校とはどうあるべきか?」

この例だと、「うちの学校」-> 「学校全体」に視点を向けることで、範囲もより広く、上を向く、「ポジティブ」になることができます。

では、最後の「力強い問い」とはどんなものでしょうか?これも、本書の中で以下のように定義しています。

力強い問いとは?

  • シンプルで明確な問い
  • 発想を促す問い
  • エネルギーが湧いてくる問い
  • テーマに集中して探求することを促す問い
  • これまでの仮説や思い込みを気づかせる問い
  • 理想の状態、新しい可能性を開く問い
  • より深い内省を促す問い
  • 自分事として考えられる問い

「オープン」であり「ポジティブ」な「力強い問い」を考えることがワールドカフェを成功させる上で最も大事なことかもしれません。

ワールドカフェを実施しようとされている方は、ぜひ本書を一読されることをお勧めします!

参照図書

ワールド・カフェをやろう
出版社:日本経済新聞出版
著者:香取 一昭大川 恒
発売日: 2009/11/13

ワールド・カフェ~カフェ的会話が未来を創る~
出版社:ヒューマンバリュー
著者:アニータ ブラウン / デイビッド アイザックス / ワールド・カフェ・コミュニティ香取 一昭 / 川口 大輔
発売日: 2007/09/28

合わせて読みたい

B! Pocket
スポンサーリンク

Related contents

LIFE

2015.07.12

ワールド・カフェ形式の振り返りをやってみた感想

LIFE

2015.07.05

「ワールド・カフェをやろう!」の事例からからみる目的と問い

LIFE

2015.06.28

ワールド・カフェのプロセス

BOOK

2015.06.11

『アジャイルレトロスペクティブズ』を読んで振り返りのやり方を学ぶ

BOOK

2014.10.09

知のグループウェアとしてのファシリテーション〜ザ・ファシリテーター〜

BOOK

2014.10.04

参加者の発言を促すファシリテーターの技術 〜ザ・ファシリテーター〜

TECH

2013.03.26

ファシリテーション

ART

2013.01.21

ホワイトボードでやってみたいこと